転職失敗談

カーディーラーのトップセールスから不動産営業へ転職して大失敗・・・

更新日:

大失敗

カーディーラーから不動産業界に転職し、失敗した方の体験談です。

不動産営業というとかなり厳しいイメージですが・・・こちらの方もかなり苦労したようです。

ポイント

・カーディーラー時代はトップセールス

・更なる高みを目指して不動産営業へ

・しかし、待ち構えていたのは想像以上の地獄・・・

 

営業マンとしてのステップアップを目指して転職を決意!

私は新卒で大手カーディーラーに就職し、営業の仕事をしていました。

新車の販売を中心に、アフターケア・損害保険の契約などを通じてお客様のカーライフをよりよくするための仕事です。

半年に1度の点検やイベントなどでお客様との繋がりも強く、とても充実していました。

 

転職を考えたのは、営業としてステップアップしたいと思ったのがきっかけでした。

営業成績は常にトップでしたし、ノルマを達成しなかったことはありませんでしたから、自分にはもっとできるはずだと思ったのです。

 

「自分ならもっと高額な商品だって扱える。」

「今以上にお客様と寄り添う仕事がしたい。」

 

そう思って選んだのが、不動産の営業でした。

 

転職にあたっては、歩合の高い会社がいい・・・そう思って、ベンチャー企業に狙いを定めました。

しかしベンチャーというと福利厚生面が不安です。

何社か応募し、内定を頂いた中から福利厚生面を重視して会社を選びました。

社長の人柄が素晴らしく、この人についていきたいと思えたのも大きなポイントです。

 

現実は甘くなかった・・・地獄のような日々

実際に働いてみると・・・想像とは全く異なる環境でした。

毎日終電で、土日も当然仕事。

残業代や休日出勤代は一切ありません。

 

毎日早朝からテレアポをし、アポイント先に出かけ、アポがなければ飛び込み営業。

アポ先確保のために駅前で名刺交換をして・・・

休みは月に1,2日ほどしかなく、身体が休まる暇もありませんでした。

 

前職で自信のあった営業スキルですが、大手企業の看板が無くなった途端に相手にもされません。

人柄に惚れた社長も、いざ一緒に働いてみるとパワハラ上司。

そうです。社長も当然、元・超一流の営業マンですから、面接の時にいい顔するのなんて朝飯前なんです。

 

仕事のための人生に疲れ、半年で退職

結局、この仕事は半年で退職しました。

何のために働いているのか分からなくなってしまったからです。

 

いくら頑張っても上がらない売上、達成できないノルマ。

家に帰るのは終電で、休日は月に1,2日・・・。1日も休まずに働いた月もありました。

歩合が大きい仕事を選んだせいで、給料は前職の1/3以下です。

 

働くために生きているような気持ちになってしまいました。

 

スキルアップを目指しての転職でしたが、厳しさを味わう結果となりました。

福利厚生面だけでなく、ネームバリューという面でも大企業に守られている環境はとても大きいんだと痛感。

 

働いている間は転職活動をする余裕なんてありませんでしたので、退職後にエージェントに相談しました。

しっかり話を聞いてくれて、今は営業マンを育てる人材育成の仕事をしています。

私も営業マンもほぼ定時退社。

お陰で、仕事もプライベートも充実した生活を送れています。

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
言葉を選ばずに言うが、この人は勘違いしたんだろうな
ホワイトン
かんちがい?
ブラックマ
大手で上手く行って、自分は天才だと思っちゃったんだろ。
ハイイロバ
もちろん、実力もある方なんでしょうけどね。
ブラックマ
まあ、勘違いする気持ちも分かるけどな。
ホワイトン
転職上手く行ってよかったね。

 

-転職失敗談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.