ブラック体験談

時代遅れのコピー機リース営業。過酷な上に『みなし残業』で残業代ほぼナシ!

更新日:

残業

コピー機のリース営業をされていた方からの体験談です。

色々と問題が多くて・・・『ブラック数え役満』みたいな会社のお話。

ここがヤバい!

マニュアル・教育なし、とにかく営業でゴリ推すだけのパワープレイ

長時間労働、土日出勤、代休・残業代なし

詰めるだけで何も解決策を出さない上司

 

とにかく電話をかけまくるコピー機リース営業

私は以前、コピー機のリース会社で働いていました。

プリンタやコピー機を企業にレンタルしてもらい、レンタル料で利益を上げるのがビジネスモデルです。

仕事の方針は、とにかく会社にテレアポをして、興味をもってくれた会社に直接営業に行く、というスタイルです。

※テレアポ:営業電話でアポイントメントを取り付けること。

 

研修なんてほぼ無し!身体で覚えろ!

まず、入社した時から違和感はありました。

最初に研修をやるのですが、この研修がたった2日間

しかも教わることと言えば・・・

  • 商品であるプリンタの簡単な説明
  • 会社の契約プラン
  • とにかく会社に電話して契約をとってくること

これだけです。

ほとんどが精神論で、『とにかく契約を取ってこい!』だけで、具体的な提案方法やセールス技術などは一切ありません。

もちろんマニュアルなんて存在するはずもないです。

 

最初の頃は電話でも、客先に行っても何も答えられず怒られるばかり・・・。

1ヶ月で同期の半分が辞めていました。

 

厳しいノルマ、達成しなければ土日出勤当たり前!

営業には厳しいノルマが課せられていて、成績が悪いと土日であっても出勤して朝から夜までテレアポです。

ですが、普通に考えて土日に掛けてもほとんどの会社が不在。人がいても担当者ではないので、契約に繋がることはほとんどありません。

土日出勤という名の罰ゲームなんです。

 

そして、もちろん無給です。

 

土日だけではありません。

平日も、電話がつながる限り21時、22時までとにかくテレアポ。その後に事務作業ですから毎日終電です。

当然、22時なんかに営業の電話をするとクレームものなのですが・・・『そんなことは構わず続けろ!』と言われます。

 

毎日終電、土日もほとんど出勤ですから実態は毎月200時間近い残業

しかし、毎日1時間の『みなし残業』ということになっているので、支払われる残業代は毎月20時間分だけです。

 

180時間のタダ働き・・・・。時給1,000円でも、18万円ですよ?

 

責任は部下のせい、成果は上司のもの

この会社ヤバイいな・・・と感じたのは、私が担当していた会社が突然「リースを辞めたい」と言い出した時のことです。

その会社はリース台数も多く、成績としても大事なところだったので、どう対応すべきか上司に相談をしました。

上司の返答はたったの一言。

 

『自分で考えろ』

 

上司は、自分のせいになるのを最も嫌がる人間でした。

全部押し付けて、ミスは部下のせい、手柄は自分の成果。そんな人間です。

 

私はその会社に直接伺い、解約の理由などを聞き出しました。

結局、会社としてのコスト削減の方針で台数減・リース料の安い会社に変更ということだったのですが・・・

私の会社では、その料金に対抗することが出来ませんでした。

プリンタの性能やサポートで差別化を図ろうにも、トップダウンでコストカットと言われたものに勝てるはずもなく、結局解約になってしまいました。

 

会社に戻って報告すると、上司からの説教です。

 

『会社の利益が減るだろ、何考えてるんだ!』

『そういうことは戻る前にすぐ報告しろ!』

 

自分では何もしないくせに、問題が起きるとこれです。

アンタが行っても絶対無理だったよ、と言いたいのを堪えて「すいません・・・」と言うばかり。

 

心身ともにズタボロになり、退職を決意。

こんな環境で満身創痍になり、会社の将来性も感じられなかったので1年で退職をしました。

 

ビジネスモデルとして限界があると感じていました。

今時プリンタ・コピー機なんてそれほど高くないので、レンタル・リースした方が高く付いちゃうんですよね。

そんな会社は長く続くはずありません。

 

案の定、私が退職した2年後に会社は倒産したそうです。

今は全く違う業界で働いています。

決して楽ではありませんが、残業代が出るだけマシです・・・

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
お手本のようなブラックだな。
ハイイロバ

  • ビジネスモデルが古いのを営業でゴリ押す
  • マニュアル・教育なしの押し付け
  • 長時間労働、残業代なし
  • 詰めるだけで何も解決策を出さない上司

ホワイトン
数え役満。

 

ブラックマ
しかし高額プリンタだとリースの方が会計上有利だったりするんだけどな。
ホワイトン
どういうこと?
ブラックマ
例えば車は買わずにリースしてる会社も多いだろ。
高価なものは資産として扱われるから、減価償却していかなきゃいけないんだよ。
ホワイトン
よくわかんない
ブラックマ
減価償却でググれ
ハイイロバ
まあまあ・・・
ブラックマ
そこを押せれば、まだ道は残されていたかもしれないな。
ハイイロバ
上司とかは救いようがないですけどね。

 

ホワイトン
まあでも倒産前に脱出できてよかったね
ハイイロバ
倒産すると最後の給料とか不払いになるケースも多いですからね。
経営的に怪しい会社は、早めに逃げるに越したことはありません。

 

-ブラック体験談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.