ブラック体験談

ワンマン社長の出版社、出張は『自己研鑽』だから無給で代休ナシ!?

更新日:

NG

出版社で働いていた方からの体験談です。

パワハラはないけど、残業代や土日出勤などの勤怠管理に多大な問題を抱える会社のお話。

 

ここがヤバい!

  • 社長は会社の経費を私物化、社員には節約を徹底!
  • 社長の無駄遣いのせいでボーナス減額・昇給なし!
  • 夜や土日の出張は残業代なし!代休もなし!

 

小さな出版社、社員同士はオッケー。問題は社長!

数年前、地方のとある出版社で働いていました。

女性が多い職場でしたが、サバサバとした性格の方が多かったのでいわゆる『女社会』みたいな派閥もなく、居心地の良い職場でした。

・・・社員同士に限って言えば。

 

問題は、社長でした・・・

 

ワンマン社長が月イチで本社から・・・それ、旅行だよね?

それほど大きな出版社でもなかったのですが、小さいながらに展開していて本社は東京。

社長が月イチで決裁などをしに来るのですが・・・

  • 何故か毎回奥さんが同行(一応専務だけど、仕事はしない)
  • 決裁は1日で終わるのに、1週間ほど滞在
  • 交通費などは全額会社の経費

などなど、業務にかこつけた旅行を楽しんでいます。

まあ、上場もしていない企業ですから社長に権限があるのは理解しています。

 

しかし、そんな感じなのに・・・・

『カラーコピーは禁止』

『使わない部屋の電気を切ればいくら節約』

『冷房は6月から』

『電気も暗くしろ』

などと、節約・・・というかドケチ思考

 

「こっちのマネージャーに決裁権渡しちゃえば、来なくていいから交通費でずっと節約できるのに・・・」なんて囁かれていました。

 

社長の無駄遣いのせいでボーナス減額・昇給ナシ!

創業以来の売上があったにも関わらず、経費が高くなったことでボーナス減額・給与据え置き

いやいや、経費高くなったって・・・あなたが独断で作ってお蔵入りしたアプリよくわかんない新事業初めてコケた奴でしょ?

まあみんな諦めムードなんですが・・・

 

毎回決まって

『この失敗という知見は会社にとっての財産です』

と、決め台詞を言うのが最高に寒かったです。

 

出張は自己研鑽!?無給で代休もナシ!

出版社は実は出張などが多い仕事です。

  • イベントの開催
  • 他社主催イベントの取材
  • 新規開店の取材

などなど、土日や夜に行くこともあるのですが・・・

 

『新しい店(飲食店)は美味しいもの食べられるから福利厚生』

『イベントの取材は新しい体験ができるから自己研鑽』

 

と言われ、残業代や代休が出ることはありませんでした。。

流石に土日二日間のイベントに全社員で参加した時は、日曜の夜に打ち上げが開催されましたが・・・そんなのいいから、せめてその分だけでも給料ください。

 

激務薄給が馬鹿馬鹿しくなって転職

結局、激務な割に薄給(手取り20万)な状況に馬鹿馬鹿しくなって同じ給料で残業も少ない会社に転職しました。

体壊す前に辞められてよかったと思っています。

 

残っている先輩に聞くと、流石に夜や土日の出張には残業代が出るようになったそうですが、仕事が多くて代休は取るに取れない状況だそうです。

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
こういうヤツが一番タチが悪いな。
ホワイトン
どういうこと?
ブラックマ
自分が悪だという自覚がないヤツだ。
ホワイトン
あー・・・。
ハイイロバ
自分たちがそうして働いてきたから、それが当然でしょ?って思っちゃうタイプですね。
ホワイトン
今はそういう時代じゃないよね。

 

ハイイロバ
裁判とか使い方はそれぞれですけど、とりあえず証拠集めしておいた方が後々役立ちますね。
ホワイトン
証拠集め?
ハイイロバ
退社直前に会社のメールから自分にメールを送ったり、手帳に記録したり。
ホワイトン
手帳って客観性なくない?
ハイイロバ
裁判では重要な証拠になりますよ。
ホワイトン
へー。

 

-ブラック体験談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved.