ブラック体験談

エスティシャン養成は『個人事業主』という名の都合の良い奴隷。

更新日:

挫折

エステティシャンとして働かれていた方の体験談です。

雇用形態から実態に至るまで、完全無欠のブラック!って感じですね。殿堂入りしたいくらい。

 

ここがヤバい!

  • 個人事業主とは名前だけ、実態は都合のいいコマ
  • 基本給なし残業代なし、完全歩合で手取り10万円台
  • 人格否定、精神攻撃
  • 最後の給料不払い!

 

甘い求人には裏がある!?エステティシャンの求人に応募

私は以前、ある店舗でエステティシャンとして働いていました。

 

『無料の養成研修に通えば、あなたもエステティシャン!個人事業主なので、好きな時間に働くことができます!パートタイムOK!』

 

そんな求人に惹かれて応募した職場でしたが、甘い話には裏があったんです・・・。

 

養成研修は『洗脳』の場

養成研修は、朝早くから夜遅くまで狭い部屋に研修生を缶詰にしてエステの技術を学びます。

無料で技術が学べる・・・と言えば聞こえはいいですが、普通入社後の研修期間ってお給料出ますよね?

実態は『給料が出ない研修』だったんです。

 

しかも、まともな研修ではありません。

確かに最低限度の技術は身に着けられるのですが、講師の威圧・暴言がとにかく酷い。

実技も筆記もとにかくズタボロに人格を否定され、どんどん自信を失っていきます。

 

『これは洗脳だからね』

 

講師が笑いながら言った言葉が忘れられません。

ヤクザかカルトみたいな手口ですよね・・・。

 

今思えばその時にやめておくべきだったんですが

 

『仕事だからこのくらいの厳しさは当たり前!』

『技術を身に付ければ一生食べていける!』

『経験を積んだら自分の店を持とう!』

 

そんな言葉を信じ切っていた私は、正しい判断ができませんでした・・・。

 

個人事業主なんて名ばかり、実態は都合のいいコマ・・・

個人事業主とは言っても、実際に施術を行うのはその会社が運営する店舗。

パートタイムOKということだったので、シフトの希望を出してみると・・・

 

『みんながこんなに頑張ってるのに、あなただけこんなにワガママを言うことは間違っている』

『甘え、社会人として失格』

 

と、激しくまくし立てられます。

時間だけでなく、お客様からの指名・オプションなどの成績も厳しいノルマが課せられます。

 

そして、私たちエステティシャンはその会社の社員ではなく、あくまで場所を借りている個人事業主なので施術をしていない時間は1円もお給料が発生しません。

下手をすると、出勤したのに1円も稼げないなんて日も。

 

勘のいい方は気付いてますよね。

個人事業主なんて響きがいいだけで、実態は最低賃金の保証がなくて、保険も必要ない都合のいいコマなんです。

ある意味、完全歩合制の営業マンと同じです。

 

週休一日、馬車馬のように働いて手取り10万円台・・・

パート希望だったのに気づいたら朝から晩まで馬車馬のように働いて、週1日の休みなのに手取りは10万円台

稼ぐためには、いかにリピーターについてもらうかという世界です。

男性のお客様にリピートしてもらうために、こっそり連絡先を交換することもザラでした・・・。

 

今思えば、そんなことするなら早く別の仕事すればよかったんですが、当時はまともな判断ができていませんでした。

 

疲弊し、退職を決意。最後の給料が払われない!

しかしそんな日々が続き、肉体的にも精神的にも限界を感じて退職を決意。

上司にその旨を伝えると・・・

 

『○○さん(私)が、こんな甘えた理由で辞めたいと言っている。社会人としてクズ。』

 

という内容のメールが全店舗に一斉送信されていました。

クズはお前だ!

流石に頭にきて、本部の役職者に事情を説明したところ、上司から逆切れメールと着信の嵐

 

『お前のせいで恥をかいた』

『私の立場が悪くなった。責任を取れ』

『今月の給料は払わない』

 

などなど・・・

半ば逃げるように退職したので、結局最後の給料は払われず。

争うことも考えましたが、一個人が戦っても勝てる自信がなかったので結局泣き寝入り。

 

今は小さなエステに転職し、雇われ店長ではありますがやりがいのある仕事ができています。

 

妖精たちのコメント

ホワイトン
いや清々しいほどクズだね。
ブラックマ
悪徳業者の常套手段だな。
ハイイロバ
個人事業主扱いということは、『雇用』じゃなくて『下請』ですね。
ブラックマ
そうだ、だから労基署は守ってくれないぞ。
ホワイトン
どういうこと?
ブラックマ
下請けは労働者じゃないんだ。だから労働基準法が適用されない。
ハイイロバ
代わりに下請法ですね。今回の最後の給料は『請負代金の不払い』に該当するかと。
ホワイトン
じゃあ、裁判しかないってこと?
ハイイロバ
調停や裁判所の支払い命令、それでダメなら少額訴訟ですね。
争えば勝てるケースですけど・・・ハードルが高くて、泣き寝入りする方も多いのが現実です。
ブラックマ
向こうも分かってやってるからな。
内容証明送ればビビって払う奴も多いぞ。とりあえず送っとけ。

 

-ブラック体験談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved.