辞めたいけど辞められない

毎日が単調な事務に飽き飽きだが、ぬるま湯から抜け出せない・・・

投稿日:

製造業で事務をされている方からの体験談です。

定時上がりで安定した仕事だけど、毎日同じ仕事で飽き飽き・・・という話

ポイント

  • 定時上がりで、パワハラなどもない一見ホワイトな職場
  • しかし向上心もなく、毎日ダラダラと過ぎていく日常に嫌気
  • 業務効率化の提案は『でしゃばるな』という扱い・・・

 

事務職は変化が無さ過ぎて単調!

大学を卒業後、製造業の事務職に就職してもう10年が経ちます。

毎日定時に終わりますし、給料は安いですが生活に困らない程度には貰えています。

でも、今の仕事が不満で仕方ありません。

何が不満って、毎日変化が無さ過ぎて単調すぎるんです・・・。

 

発注、経理、取引先とのテンプレートのやり取り・・・

一体何万回同じ作業をしたでしょうか。

入社以来10年間、何一つ変わらない業務をずっとやり続けているのです。

 

そして、これを変えようとしない、向上心のない職場にも嫌気が差しています。

 

業務を一つシステム化した話

私が入社して2年目のことです。

資材の発注業務は、製造の担当が紙に書いたものを事務担当に渡し、それを元に私たちが伝票を起票するというアナログなものでした。

毎回手書きで書いて、現場から事務までわざわざ渡しにこなくてはいけない。

更に、一度書いたものをパソコンに入力し直す・・・。

これって物凄く非効率じゃありませんか?

 

私は、この無駄に耐えられずに「システム化すべき」と提案しました。

上司はあまり良い顔をしませんでしたが、製造担当の責任者との話し合いの結果、とりあえずやってみよとGOサインが出ました。

簡単なプログラミングなら経験がありましたし、仕事でExcelは使い慣れていたので簡単な入力だけで伝票が起票できるマクロを作成しました。

マクロ:ExcelやWord上で動く、簡単な自動化プログラム

 

これによって、お互いの仕事の負担は軽減されました。

 

それ以上でしゃばるなと釘を刺される!

これに気を良くした私は、もっと他の業務も効率化すべきだと考え、上司に提言しました。

しかし、返ってきた言葉は思いも掛けないものでした。

 

『我々事務方がそんなに出しゃばると他部署に疎まれるから程々にしてくれ。』

 

この言葉を聞いて、私は本当にがっかりしました。

仕事の効率化・改革の意識なんてまるでなく、ダラダラと非効率な日常を良しとする。

こんなことで、他社や他業界からの参入と戦っていけるのでしょうか。

 

もうこんな会社にいても成長することはない。

そう思って、スキルアップのために転職をしようと思っていますが・・・。

その陰で、今のぬるま湯に甘んじている自分がいるのもまた事実なのです。

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
甘い。
ホワイトン
厳しい。
ブラックマ
そんなに不満なら、何で10年もいるんだ?
ホワイトン
確かに。
ブラックマ
何だかんだ言って、そこそこの労力でそこそこの給料貰えて満足してるんだよ。
ホワイトン
確かに。
ハイイロバ
大卒で10年。少なくとも32歳ですね。
ブラックマ
ぼちぼち本気で転職しないとこのまま一生ズブズブだぞ。

 

-辞めたいけど辞められない

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved.