転職失敗談

憧れていた出版業界に転職できたけど、ずっと雑用係のまま・・・!

投稿日:

出版業界に転職された方の体験談です。

やれると思っていた業務ができずに・・・という話。

ポイント

・出版に携わりたいという思いで出版業界へ転職

・未経験なこともあり、最初は雑用係からスタート

・小さい会社なので異動なし、やりたい仕事が出来る見込がない。。。

 

フリーターから出版業界の正社員に転職成功!と思えたが・・・。

就職活動に失敗し、大学を卒業してからフリーターとしてコンビニ・飲食などのアルバイトをしていました。

特にメリハリもない毎日に退屈していた頃、ある一冊の本を読んだことをきっかけに出版業界で働きたいという思いが強くなってきました。

子供の頃から本が好きで、それに関わる仕事がしたい・・・そんな思いが十数年ぶりに湧き上がってきたのです。

 

しかし私は正社員で働いたこともない、当時29歳のフリーター。

転職は決して楽ではないと思っていましたが、ある小さな出版社に正社員として採用して頂けました。

それから丸二年が経ちましたが・・・今は転職したい気持ちで一杯です。

 

未経験なのでまずは雑用係からスタート

出版業界はおろか、正社員としての経験もない私はまず雑用係から始まりました。

電話の取次ぎ、コピー、スケジュール調整・・・

確かにどれも必要な仕事ではあるのですが、実際の出版に関わるクリエイティブな仕事はまったくやらせて貰えません。

 

最初は仕方ないと思っていたのですが・・・何の為に出版業界に来たのか、日に日に不満が溜まっています。

 

小さな会社なので、人事異動がない!

今の会社にはもう一つ問題点があります。

それは、小さな会社なので人の異動がほとんど無いということ。

 

周りの先輩方に聞くと、ほとんどが入社以来ずっと同じ仕事をしているとのこと。

たまに退職者が出ると空きポジションに異動する人もいるようですが、これではいつチャンスが巡ってくるのか分かりません。

しばらく雑用係で耐えれば未来があるのなら、まだ頑張れるのですが・・・。

 

上司と二人で飲みに行ったときに、出版に関わる業務がしたいと直談判したのですが、『もう少し耐えてくれ』との回答。

『もう少し』って一体いつなんでしょうか。

このまま状況が変わらないようであれば、業界内で再転職することも考えています。

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
面接時にしっかり確認をしたのかが気になるな。
ハイイロバ
出版業界イコール出版に携わる仕事、と思い込んでいた可能性ですね。
ブラックマ
有名企業に就職すればキラキラ企画が出来ると思ってる奴も多いからな。
ホワイトン
実際どこも最初は泥臭い仕事だからね。
ハイイロバ
これが面接時と説明が違うなら話はまるで違ってきますけどね。

 

-転職失敗談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved.