ブラック体験談

製鉄工場のライン工、給料はいいけど肉体・精神的にも過酷!

更新日:

倒れる人

ライン工として働いていた方からの体験談です。

時々話題に挙がるライン工という仕事・・・やはり過酷な職場のようですね。

ここがヤバい!

単純作業のイメージだが、実は複雑で頭を使う。ミスると滅茶苦茶怒られる。

慢性的な人手不足で3交代のはずが実質2交代・・・

自分のほかに2人いたら同期は1週間で一人、1ヶ月でもう一人退職

 

転職活動に失敗、見つけた働き口は工場のライン工

製鉄工場のラインで1年働いた経験をお話をしたいと思います。

僕は大学での就職活動に失敗し、唯一見つけられた働き口がその工場でした。

ライン工と言っても、大きな会社の直属グループ会社で海外にも支店があるような会社だったので独身寮やボーナス等の待遇は平均より上だったと思います。

 

配属された職場は鉄材の中間加工、その通称は・・・

数多くあるあるグループ会社がそれぞれ連携しているのですが、一口に『製鉄』と言っても仕事内容はまるで違います。

  • 鉄鉱石を溶解炉で溶かし鉄の元を造る会社
  • その鉄を他会社に運ぶ会社
  • 運ばれた鉄を製品に加工する会社
  • 製品を出荷するため輸送船へ積み込む会社

採用はグループで行われ、入社時点ではどの会社に配属(出向)するかも決まっていませんでした。

求人票には『クレーンで製品を運ぶのが主な業務』と書かれていたので、そんな仕事をするのかな~と思っていましたが、実際に配属されたのは中間加工の部門。

中間加工とは、具体的には『運ばれてきた鉄を引き伸ばす』『加工した鉄の質を落とさないように薬品を塗布する』などの業務です。

 

そしてこの職場・・・グループ内での通称は『墓場』

最も離職率が高く、一緒に配属されたT君とS君を除くと、一番年が近い先輩が15歳上でした。

『みんなすぐ潰れちゃうんだよなあ・・・』

寮でビールを飲みながらそう言った先輩は寂しそうでしたが、問題解決意識はまるでないようでした。

 

一体何が墓場なのか

私の持ち場が具体的に何をしていたのかと言うと、他部署で加工された数メートルの鉄塊の表面を綺麗にするために塩酸に漬け込んだり、納品する状態に結束したりする作業でした。

これの何が大変かというと・・・

  • 重量のある鉄材を扱うので、超肉体労働
  • 結束一つ取っても納品先によって方法はバラバラ、100通り以上のパターンを覚えなくてはいけない
  • 更に、それが頻繁に仕様変更されて一度覚えたらOK、という訳ではない
  • 重い鉄材、塩酸などを扱うので大怪我をするリスクあり
  • 自分がミスるとラインが止まる、そのせいで死ぬ程怒られる
  • 慢性的な人手不足なので、3交代のはずが実質2交代

こいうった辺りでしょうか。。。

結束方法を覚えるのが本当に大変で、物覚えの悪い僕は毎日ミスをして怒られていました。

 

T君、1週間で脱走する。

配属されて1週間ほどしたある日、同期のT君と同じシフトのはずが姿が見えません。

風邪でもひいたのかな?と思いましたが、作業中はおしゃべりをしている暇もないのでそんなことはすっかり忘れて働いていました。

 

寮に戻ると、何やらざわざわしています。

T君の部屋がもぬけの殻になっていました。

 

『今年の新人の一番乗りだな』

『一昨年のヤツは配属されて次の日の朝には消えてたな』

 

先輩に聞くと、このような『脱走』はよくあることだそうです。

 

T君ともそれほど親しかった訳ではないですし、『一昨年のヤツ』って人は顔も名前も知りません。

だから、どんな背景があって、なんで消えたのか本当のことは分かりません。

 

しかし、ライン工の中には一定数『社会に馴染めずにこの仕事に辿り着いた』人がいるのも事実です。

ですから、こういった脱走も決して珍しくないと。

 

まあ・・・逃げたくなる気持ちもよく分かります。

 

S君、1ヶ月で潰れる。

次に潰れたのはS君でした。

繰り返すミス、その度に怒鳴られる毎日に心を擦り減らし、適応障害と診断されたそうです。

暫く休職扱いになっていましたが、そのまま辞めていったようです。

 

辞める前の彼がボソっと呟いていたのが、寮生活なので休みの日も先輩達と会うのが疲れる、と。

確かに市街地から離れて何もないエリアでしたから、何もやることがないんですよね。

 

この仕事を長く続けるのは、厳しい。

上にも書いたように、娯楽も何もないエリアなので遊びに行くには1時間掛けて市街地に行かなくちゃいけない。

せいぜい休日くらいなもので、仕事の日に遊ぶなんて滅多にありません。

 

仕事が終わったら、風呂入って缶ビール空けてゲームして寝る。

その上寮も食堂も激安ですから、お金は確実に溜まります

(先輩はソシャゲ課金で毎月カツカツでしたけど・・・)

 

僕自身、1年で200万溜まりました

多分同級生たちの中でも貯金額は結構上の方なんじゃないでしょうか。

 

でも、それだけです。

毎日キツい肉体労働。身に付くのは結束の技術と腹から声出す力くらいで、他の会社じゃ通用しません。

やりがいもなければ、スキルも何もない。

 

今は若いからまだいいけど、元々ド文化系の僕がこの仕事何十年も続けられるか?

残っている先輩たちは、みんな僕の倍くらい肩幅があります。

 

このまま続けるべきではない。

 

そう思って、僕は1年の節目で退職しました。

・・・就職活動が上手く行かなかった僕は、転職も上手く行かずに結局派遣社員を転々としてるんですけどね。

30過ぎて職歴はライン工と派遣だけ。もうそろそろ厳しいかなあ・・・。

 

妖精たちのコメント

ホワイトン
ライン工・・・大変そうだなあ・・・
ブラックマ
ハマる人はハマるんだけどな。それに本人も書いてるが、金は溜まるぞ。
ハイイロバ
この人はちょっと配属も悪かった感じしますね。
ブラックマ
他の配属になった奴らはどうなんだろうな。多分続けてるんじゃないか?

 

ホワイトン
ライン工って、やっぱり変わった人多いの?
ブラックマ
ピンキリだな。他の会社で合わなかった奴もいれば、借金背負ってくる奴もいる。
ハイイロバ
結局、自分に合った仕事が大事ってことですね。
ブラックマ
上手くまとめやがって。

 

-ブラック体験談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.