ブラック体験談

事なかれ主義・全く仕事をしない部長の気に障って冤罪解雇された話

更新日:

飲食業界での体験談です。

優秀な方だとは思うのですが・・・上司とソリが合わずに最終的には事実上の解雇をされてしまった話。

 

ここがヤバい!

  • 上司は仕事をせず、トラブルも避ける事なかれ主義
  • 自分に関する身に覚えのない噂を流される・・・
  • 挙句、契約社員に契約変更&契約打ち切り!

 

食品メーカーでキャリアアップを重ねる

私は新卒でとある食品メーカーに入社してから、飲食・食品業界を転々としてきました。

転々と・・・とは言ってもネガティブなものではなく、目的はスキルアップでした。

 

一言に飲食・食品と言っても、会社によって得意とするものが違いますから、色々な会社を経験するのは得るものがあります。

例えば水産の加工に強いメーカー、スパイスに特化したメーカー、とにかくコスト管理を徹底した外食・・・

 

そんな中、私がある会社で事実上の解雇という処分を受けてしまった時のお話をしたいと思います。

解雇とは言っても、自分には一ミリも非が無い話です。

ああ・・・思い出しただけで腹が立ってきた・・・・。

 

某有名飲食店の事業部、そこにいたのは全く仕事をしない部長

問題の会社に入社したのは、私が35歳の頃。4度目の転職でした。

その会社はとある大手企業で、私の配属は飲食事業部。

いわゆる『本部』と呼ばれる部署ですね。

 

業界の人だけでなく誰もが聞いたことのあるような超有有名飲食店です。

私自身、いつか働いてみたいと思っていた憧れの会社でした。

 

念願の職場だったので今まで以上に張り切って、人一番仕事はやっていたつもりです。

同僚との関係も良く、直属の上司ともしっかりコミュニケーションが取れて理想の職場・・・だったのですが唯一のネックは上司の更に上の、部長でした。

 

この部長、一言で言ってしまえば何もしない無能

毎日スマホでソシャゲに勤しみ、定時になれば誰よりも早く帰る。

トラブルが上がってくると、別の部下に押し付けて自分は何もしない・・・はっきり言っていない方がマシですね。

 

店舗のトラブルを押し付けられた同僚

ある日、都内の店舗で起きたトラブルを私の同僚が押し付けられ、お客様との対応を強いられていました。

店員が飲み物をこぼし、お客様の服に掛かった・・・

よくあるトラブルで、普通なら店長レベルで止まる話なのですが、この時は相手が悪かった。

 

まあ一言で言えばチンピラですね。

ホンマモンの・・・って訳じゃないんですが、こういう時は下っ端とか、紛い物の方がタチが悪い。

服だけじゃなくて、肌が弱い体質なので治療費をよこせとか、完全にイチャモンです。

 

同僚では話にならず、私が間に入って何とか収めてもらい・・・。

何とか事なきを得ることが出来ました。

 

・・・と思ったら、今度はこの同僚が問題。

プライドの高い男なので「余計なことをするな」「恥をかかされた」などと逆上。

相手にするのも馬鹿馬鹿しくて、ハイハイと適当に謝って帰宅。

 

身に覚えのない悪評が立つ・・・

その出来事の翌週くらいから、なんだか周囲の反応が少しずつおかしくなってきました。

仲の良かった受付の子も、同僚たちもどこかよそよそしい・・・

 

ある日、廊下を歩いていると女子社員の噂話が聞こえてきました。

 

『聞いた?最近Aさん会社休んでるじゃない。あれ、○○さんのセクハラが酷いらしいよ?』

『あー、やっぱりそういう人なんだー。部下にもパワハラ気味って言うしねー。』

『業界転々としてるんでしょ?前の会社も何か問題起こしたんじゃない?』

『え、みんな知らないの?なんか部下の子妊娠させたらしいよ?』

 

頭が真っ白になりました。

○○さんは、私の名前です。

ですが、どれも全く思い当たる節がありません。

何でこんな噂が流れてるんだ・・・?何かしたか・・・?

 

ふと頭をよぎったのが、プライドの高い同僚のことです。

私に手出しされて、気に食わなかったからこんなデタラメを流してる・・・?

 

その後も数週間、疑心暗鬼になりながら出社していました。

身に覚えのない噂に気が狂いそうで、毎日トイレで吐いていました。

 

犯人は同僚じゃなかった・・・

ある日、そんな私を見かねて直属の上司が教えてくれました。

『この噂を流しているのは部長だと思う。君、あの部長の前で目立たない方がいいよ・・・』

 

???

理解ができませんでした。

あの部長がこじらせた問題を片づけたり、困ってる同僚を助けてきたのは私なのに。

感謝こそされど、何でこんな扱いを受けなきゃいけないのか?

 

気付いたら私は、部長室にいました。

 

「どういうことですか、全部聞きましたよ」

『君ねえ・・・いちいち問題を大きくしないでくれるかなあ。放っておけばどうにかなるんだよ』

「どういうことですか・・・?」

『こないだのトラブルだってさあ、あんなの無視すればいいんだよ。』

「いや、だって、明らかに普通の客じゃなかったじゃないですか、あれ放っておいたらとんでもないことになりますよ」

『そういえば・・・受付のBさん、君からセクハラ受けてるって相談されたよ』

「Bさんって・・・誰ですか・・・?」

『そういうのいらないから。ちょっと、調査するからしばらく自宅謹慎ね。』

 

何と、私は全く身に覚えのないセクハラの疑いで自宅謹慎という扱いになってしまいました。

事なかれ主義の部長にとって、張り切って仕事をする私は目障りな存在だった。ただそれだけの理由です。

 

2週間の謹慎後、出社命令が出た私に言い渡されたのは・・・

謹慎期間中、何が起きたか全く理解できずに茫然としていました。

今でもあの2週間何をしていたかはよく覚えていません。

 

2週間後、一本の電話があって出社するように言われました。

そこで言い渡されたのは、配置変更と契約社員への変更

そもそもBさんなんて会ったこともないのに、私の言い分なんか全く聞きもしないまま処分が決まっていました。

 

その後、年度末に契約打ち切り事実上の解雇です。

争うことも考えましたが、謹慎中は無給、契約社員になって給料が半分になってしまったので生活が苦しく、とにかく次の仕事を見つけるしかありませんでした。

 

36歳になってからの転職。そして前の会社では契約社員に降格してからの契約打ち切り

はっきり言って状況は最悪です。

 

キャリアアップであれば40歳過ぎても引く手数多な業界ですが、そんな私に声が掛かることはありませんでした。

今、私は田舎の零細企業で営業職をしています。

手取りは23万円。このままでは、娘の学費も苦しい状況です。

 

妖精たちのコメント

ホワイトン
中々のヤバさだねー。
ハイイロバ
契約社員に降格って、普通あるんですか?
ブラックマ
こういうのはセクハラを理由にして懲戒扱いにするんだよ。本人に非がある形にしてな。
ハイイロバ
・・・詳しいですね。
ブラックマ
まあな。
ホワイトン
でも転職苦労したみたいだね。
ブラックマ
客観的に見たら辞め方も最悪だし、年齢の問題も大きいな。
ハイイロバ
片方だけなら、何とかできたかもしれませんね。

 

-ブラック体験談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved.