転職失敗談

サロンからITベンチャーに転職して大失敗!残業が少ないのは見せかけ!?

投稿日:

リラクゼーションサロンからITベンチャーに転職した失敗談です。

『残業なし』を鵜呑みにしてはいけませんね・・・

ポイント

残業なし・・・ではなく、させて貰えないだけ、仕事は多い。

土日にこっそり出勤して仕事を片付けている人も

早朝出社・昼休み返上で体調を崩して入院・・・!

 

転職前の仕事は、サロンでのマッサージ

大学を卒業後、リラクゼーションサロンで働き始めました。

よく商業施設や駅ビルに入ってるマッサージの看板のお店です。

私が働いていた店はスタッフ同士も仲が良く、非常に良い雰囲気の職場だったのですが、何せ駅ビル内の人気店なので大忙しでした。

朝から夜まで、体力仕事のマッサージ。

 

「今は楽しいし充実しているけど、こんなにハードな仕事を今後も続けていけるだろうか・・・」

 

悩んだ末に、長く続けられる仕事を・・・と思い、25歳の時に転職を決意しました。

エスティシャン養成は『個人事業主』という名の都合の良い奴隷。

エステティシャンとして働かれていた方の体験談です。 雇用形態から実態に至るまで、完全無欠のブラック!って感じですね。殿堂入りしたいくらい。   ここがヤバい! 個人事業主とは名前だけ、実態は ...

続きを見る

 

転職先はベンチャー企業の事務職。残業が少ないのは見せかけで・・・

転職サイト・転職エージェント両方並行して転職活動を進めていましたが、最終的には転職サイトを通じて応募した会社に決まりました。

創立間もないIT系企業の事務職。いわゆる、『ベンチャー企業』ですね。

私は特に大手・ベンチャーにこだわりは無かったのですが・・・今になって見れば、これは失敗でした。。。

 

その会社に惹かれた理由は『初心者OK』『残業なし』という点。

当時私は英語の勉強をしていて、仕事の後は語学学校に通っていました。

語学力を磨いて、将来的には英語を使える仕事がしたいと思っていたので、時間の自由が利くのは大きなメリットだったのです。

 

実際に働き始めて、確かに残業は少なかったです。

しかし、それは仕事に余裕があるのではなく、理由を付けて申請をしないと残業手当が付かないからでした。

 

入社したばかりの私は当然不慣れですから、先輩たちに比べれば何をするにも時間が掛かります。

それなのに・・・

 

『まだ終わらないの?』

『極力残業はしないで』

 

と社員の方から言われ、日々プレッシャーを感じていました。

そういった文句は言うくせに何も手伝ってはくれず、唯一手伝ってくれたのは派遣社員の方だけ・・・。

 

ずっとその方に頼りっぱなしという訳にも行かないので、残業をしない為に早朝に出勤して仕事をするようになりました。

もちろん、残業代は出ません。

 

二時間早く出社して、昼休みを削って、合計二時間半の時間を捻出して仕事をしていました。

お陰で夕方の残業は減ったのですが、体力は消耗しますし、終わらせなきゃというプレッシャーが強く、かなりのストレスを感じていました。

 

 

ストレスで倒れて入院、

そんな状況で、かなり無理をして働いていたある日・・・。

結局その重圧に耐えきれず、仕事を終えて会社を出た途端に倒れてしまい、そのまま救急車で運ばれて入院しました。

退院後、一度は復帰したのですが「このまま続けたらまた倒れる・・・」そう思って、転職を決意しました。

 

ベテラン社員も、こっそり土日に出勤して仕事を片付けていたようです。もちろんサービス残業で。

努力すればその分しっかりと認められるので、意欲のある人、上昇志向の高い人には向いているかもしれません。

しかし、新人にも厳しい水準の質と量を求められる厳しさがあり、メンタルの弱い私には向いていませんでした。

 

今は、英語を活かした仕事に就いて毎日が充実しています。

 

妖精たちのコメント

ブラックマ
無理矢理残業がない『風』ってヤツだな。
ホワイトン
ある意味、普通残業するより厳しい。
ハイイロバ
2時間前に出社ってことは多分6時半とかですよね。
通勤時間は分かりませんが・・・睡眠時間もかなり少なさそう。
ブラックマ
ベンチャーはほんとピンキリだが、こんな感じで無茶してる企業の方が多いかもな。

 

-転職失敗談

Copyright© ブラック企業で消耗するのは、もう終わりにしよう。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.