イタリアンってそもそも何っ?

日本人が持つ固定観念として

イタリアンといえば、閃くものは『イタリア料理』のことでしょう。執筆している筆者も、食べていた時はそれこそ毎日というくらいだ。その時は飲食店でアルバイトをしていたこともあったので、なおのこと天国のように感じながら、舌鼓を打ちつつ満喫していたことが懐かしく思う。ただあまり食べ過ぎると逆に飽きてきて、しばらくは良いということもある。これまた別の飲食店、回転寿司屋にいた時は1年近く、生臭い匂いの中で仕事をしていたため大好きな刺し身が食べられなくなったこともある。イタリアンではそうしたことがないから不思議だ、流石に生臭いといった具体的な臭気が感じられるわけではないので、しょうがないといえばしょうがない。

何気に使っている『イタリアン』という言葉だが、これはあくまで日本的な呼称だ。正式な言い方はもちろん、先ほど記したイタリア料理が正しい料理の総称となっている。これは大丈夫だろう、ただ日本ではイタリア料理のことを他に、『イタ飯』とも呼んでいる人もいるという。個人的にこの言い方をしたら真っ先に思いつくのは『炒飯』なのだが、そうなると料理カテゴリーそのものが全く別の地域へと異動となってしまうのだが、納得している人は納得しているようだ。日本人の発想ってほんとうに面白い。

そんなイタリアンについてですが、他にはどんなイメージがあるのかを模索してみると、出てくる印象としてこんなところだという。

イタリア料理の印象

イタリア料理に対しての印象は、

  • オリーブ・オイル
  • オリーブ
  • トマト

これらをふんだんに使っている料理のことを指していると感じている人が多いそうです。

何というかあれだ、非常に単純な材料だけをピックアップした抽象的なイメージで他ならない。ただ間違っていないので否定出来ないのが無性に腹立たしくもなる、それだけ自身でも納得しているので口惜しい限りだ。あとオリーブ・オイルというと、どうしても何かと話題を集めているのが某料理番組でふんだんというには、そんなに使う必要があるのかと言いたくなるほど大量に使用している某イケメンタレントのレシピとかも思い当たる。あの番組を見ている度に思うのが、オリーブ・オイルだって安くないんだぞ、そもそも普段の買い物や料理で頻繁に使っていたら家計が火の車になるわ、と心の叫びが表に出てきそうになる。所詮テレビの人間ですから、そうしたことは一切分かっていないのかもしれませんね。

イタリア料理というものはどういった料理のことを指しているのかという質問に対して、料理ではなく材料で答えているのでここで少し料理ではどんなものが一般的なのかを考えてみよう。イタ飯というとどうしても焼き飯しか思い当たらないですが、それとも『パエリア』ではと思うが、これはスペイン料理なので微妙に違う。この際くぐってしまっていいのではないかという暴挙に出たくなりますが、そうしたら色々なところから怒られそうなので、やめておこう。

ではどういう料理が一般的な日本人の価値観でも通用する料理があるのかをいくつか独自視点から取り上げてみる。

イタリア料理の定番とは

イタリア料理ってどんなものがあるのかという話をすると、真っ先に思いつくものといえば『パスタ』でしょう。日本でも定番な料理ですが、イタリア料理的な意味合いで捉えると実はものすごい広義で、日本的な印象に限定されるものではないことをご存知だろうか。イタリアから誕生し、イタリアで生まれた言葉ではありますが、それでもその国の価値基準に当てはめて考えるとするなら正しい呼び方は『スパゲティ』となるのです。

そういったことも含めて幾つか列挙してみよう。

  • スパゲティ
  • マカロニ
  • ピザ(主にマルゲリータ)
  • リゾット
  • カルパッチョ
  • ジェラート

こんなところだろう、こうしてみると自分が過去食べたことのあるものばかりを取り上げているような気もしなくないが、一般的な日本のファミレスでも見かけるものばかり、というわけでもない。ジェラートを扱っている飲食店があったら、色々と採算が足りなくなりそうだ。イタリア料理といえば、やはり上記のようなものを頻繁に食べられている、もしくは一番印象に残っているものでしょう。どことなくお腹の虫が遠吠えを上げそうな予感がしてきますが、それは気のせいとして置いておこう。

これは料理ですが、飲料系でも日本人には定番となっているものもイタリア出身だったりします。

イタリア生まれの飲料

イタリア出身の定番な飲み物といえば、

  • カフェ・ラッテ
  • エスプレッソ
  • カプチーノ

この3つは外せない。ワインの種類も数えるほど存在しますが、正直ワインには敏いわけではないので色々と外させてもらう。この3つのコーヒーを用いた飲み物は日本の喫茶店で愛され続けるものであり、普段から飲んでいる人も多いはずだ。

生ハムメロンについて

唐突すぎる余談なのだが、生ハムメロンというものをどう思っているかを何となく知りたいといつも思っていた。調べてみるとイタリア料理だというこちらの料理、日本人で好きな人がどれくらいいるのかを考えてみたいが、かなり好き嫌いが別れる食事だと言われている。個人的にも、どうして生ハムとメロンを一緒に食べないといけないのだろうと、それぞれ分けて食べれば良さが引き立ってもっと美味しいのにといつも思っている。個人的な好みも混じっているが、味覚でそれを重視するのは大事なことです。例えばスイカに塩をかけないのに、勝手に振りかけられてしまい、おまけに掛けられすぎてしょっぱすぎるという悲惨な出来事に遭遇するような、そんな気分に苛まれる。

しかし日本でいうところの生ハムメロンと、イタリアでいうところの生ハムメロンは全く別物だったりする。というのも、日本とイタリア双方で栽培・採取されるメロンは成分そのものが異なっているため、味が別物なのだ。いうなれば、日本では果物の分類になりますが、イタリアは野菜として見られるという。なので日本に来たイタリア人はさぞびっくりするだろうと思う、それなら理由として正当に思うものの、どうして日本で生ハムメロンが流行ったのだろう。

これはいわゆる、バブル経済時に到来してきたきっかけだといい、生ハムメロンを食べるのがオシャレだったというものすごい単純な話へ転結されるのです。何というか、日本人って本当にこういう流行モノには弱いんだなぁと、つくづく情けなくならなくもない。

イタリア料理を紐解く

そんなイタリア料理について、ここから少しその歴史や文化などを踏まえて、日本でいうところのイタリア料理の印象と、現地におけるイタリア料理との違いなども含めて考えつつ、考察していこう。